昔とは違って、今のWINDOWSパソコンは、メーカーによっての違いはありません。

というのは、パソコンというハードの上でWINDOWSという基本ソフトが一番最初に動いて、

その基本ソフトの上で、ワードやエクセル等のアプリケーションソフトが動くため、

メーカーによる、パソコンというハードの違いはほとんどなくなってしまいました。

トヨタの車と日産の車と比べても「車を運転する」という基本的なことは違いがないのと同じことです。

もちろん、スーパーカーとかレース用の車とかとなるのなら、違いはあるのでしょうが・・・・

パソコンも同じように、

インターネットをする、メールを送受信する、ワード・エクセルを使うというのでは、

一般的なソフトを使用するならば、どこのメーカーも同じようなものです。

パソコンに高い安いはありますが、

それはパソコンのスピードが速いとか記憶容量が大きいとか、

車でたとえるなら、

軽自動車より普通乗用車の方がエンジンの馬力がでかいとか、

室内空間が広いということで、値段が変わるようなものでしょうか。

つまり、パソコンを購入しようとする時いろいろ迷うのでしょうが、

パソコンはどこのメーカーも内容はほとんど変わらない。

パソコンの値段で高いのは性能がよい、安いのは性能が低いというものでしょうか。

また同じ性能でも、

車のように、

オプションがいっぱいついているのは高い、

オプションがほとんどついていないのは安いと同じように、

パソコンにもオプション(ソフト)がたくさんついているのは高い、

ついていないのは安いというのもあります。

ではどのパソコンを購入すればよいのか?というと、

どこでもよいので、

パソコンをお使いのお友達と同じメーカーのパソコンを購入すればいいかな・・・・という程度です。

お友達から教えてくれる場合はおなじメーカーの方が良いからです。

、では、いつ購入すればいいのか?というと・・・・

CMであったように「今でしょ」ということになりますか。 

 


パソコンを購入して、インターネットのホームページを閲覧する、メールを送受信する

というものであれば、上記のようなパソコンの考え方でよいのですが、

ただ、仕事でパソコンを使用する、町内会などのグループで、パソコンを使用するとなると

パソコンを購入するのに、少し考慮しなければならないことがあります。

それは、購入するパソコンにエクセル・ワードが入っているかどうか、です。

エクセルは表計算のソフトです。

ワードはワープロソフトです。

これらのソフトは、業務や町内会などのグループの人たちは大概使用しています。

すると、エクセルのデータやワードのデータのやり取りが行われるはずですから、

自分のパソコンにも、エクセル・ワードが入っている必要があります。

 

パソコンによっては、エクセル・ワードが購入時にインストールされている

(プレインストール)されている場合があります。

その分、パソコンの値段も高くなります。

エクセルやワードを使用するか、しないかによって、

パソコンを購入するときの値段が変わってきますので、注意が必要です。

 

inserted by FC2 system